今注目のコーチングとは!?スキルの習得法から、活躍の仕方まで解説!

WORK

今、人材育成の手法として「コーチング」に注目する企業が増えています。
そこで「コーチング」とはなにか、どうやってコーチングスキルを得ていくのか、コーチングの技術を用いてどう活躍していくのかを解説していきます!

コーチングとは?

では、そもそも「コーチング」とはどんなスキルなのでしょうか。
コーチングとは目標達成に向けて対象者の能力や気力を引き出し、自己成長や自発的な行動を促すコミュニケーション手法です。
なにかを深く教え込むというより、対象者の中にある答えを引き出してあげるわけですね。
「答えは対象者の中にある」ことが大前提となっています。

人の可能性は無限大であり、先生や上司というよりは相手が自ら答えを見つけるためのパートナーであることが重要となります。
これにより、対象者は「自分自身で答えを導き出す能力」「自主的に物事に取り組んだり考えたりする能力」「新しい価値観や新しい答えに辿り着こうとする前向きな気持」を身につける事ができます。

コーチングとティーチングの違いは?

コーチングと似た言葉にティーチングがあります。
ティーチングとは、指導者が知識やスキルを教えることを指します。
この場合では教える側と教わる側には上下関係があり、指導を通じて答えを示していくコミュニケーションが基本となります。

コーチングでは、ゴールやプロセスをコーチングを通じて自分で考えて導き出します。
ティーチングは、指導者がゴールを示し、プロセスを指導します。

どちらが正しいというわけでなく、正しく使い分けることが教育の近道となります。

ビジネスにおけるコーチングの役割とは

ビジネスにおいてコーチングは、やはり人材育成に大きく役に立ちます。
対象者の能力・気力を引き出し、自己成長や自発的な行動を促すため、各社員の個人目標達成にもコーチングを活用できるのです。
定期的なコーチングにより、本人を主体とした活動の見直しやモチベーションの回復を図り、その結果目標達成の角度が高まるでしょう。

コーチングのメリット・デメリット

ここまでコーチングがどういうものなのかを解説してきましたが、もちろんメリット・デメリットがあります。
デメリットを理解していないと、効果的なコーチングになりません。

メリットとデメリットを両方見ていきましょう!

メリット

考える力を育み、自発性・主体性・応用力を再現性のある形で高める

コーチングは対象者に考えることを促すため、自ら考え行動する力を身につけることに役立ちます。
目標達成に向けて何が必要かを考えさせる事によって、自発的な動機づけの結果、自発的な行動に繋がっていきます。

新たな能力や個性を見つけるきっかけになる

対話によって本人も気づいていなかった能力や個性を見いだせるというメリットもあります。
一人では自己評価も固定概念にとらわれてしまいがちですが、コーチングでの対話によって、新たな能力や個性の発見に至ることもあります。

学習能力を向上させる

コーチングは対話によって、自らの中にある答えを引き出すコミュニケーションと言うのは先に記述したとおりです。
そのため、答えが導けなかった際に、答えを求めて自ら学習するようになります。
その結果、新たな知識によって、新たな答えが導かれることもあります。

デメリット

効果が出るまでに時間がかかる

常に対象者のペースで進行するのがコーチングの特徴です。
例えば、問いかけに対して、対象者から答えがでるまで待ったり、答えを見出すためのヒントを与えたりといった時間が必要になります。
そのため、一方的に知識を与えるティーチングと比べると、効果が出るまで時間がかかることがほとんどです。

多人数を一斉に育成することが難しい

コーチングは原則として、対象者と1対1の対面方式で実施します。
そのため研修のように大人数を一斉に育成する場面には適してはいません。

対象者の知識や能力が不足していると、効果が出にくい

コーチングは、対象者の知識や経験から答えなどを見出すため、そもそも対象者が知識や経験不足の場合は、効果が薄くなる可能性があります。
その場合は、対象者に学習を促したりして、新たな知識を元に答えを見出させる必要が出てくることもあります。

個別の対応を求められるため、マネジメントが複雑になる

対象者一人ひとりと対話することが重要なコーチングでは、それぞれ知識レベルも目標もバラバラな対象者をそれぞれマネジメントしていく必要があります。
一斉研修の様に、全員に一気に教えて、全員が同じことを覚えるような研修の様にシンプルにことを進めることができないことが多いです。

コーチングに必要なスキルとは?

では実際にコーチングを行うにあたり、どのようなスキルを求められるのでしょうか。
コーチングの原則に習い、必須スキルを見ていきましょう。

コーチングの原則

コーチングは以下の3つの原則が満たされて初めて、成立します。

インタラクティブ

対象者の持つ答えを引き出すためには、コーチからの一方的な指導ではなく、コーチとクライアントの「双方向」でやりとりが必要です。

オンゴーイング

コーチングは1度で終わりではありません。日々状況が変化するなかで、描いた目標に向かって対象者が自走できるまで関わり続けることが必要です。

テーラーメイド

人は誰一人として同じでありません。
それぞれの価値観や受け取り方にあわせた個別対応により、対象者の自発性を引き出していくのです。

コーチングに必要な3つのスキル

傾聴スキル

傾聴と言っても、ただ話を聞くのではありません。
本音や背景、感情までを読み取れるように「聴く」ことが重要です。
さらに、話の内容に「共感」を示し、ありのまま受け入れる「受容」によって、相手は心を開いてくれるでしょう。

質問スキル

対象者の考えを引き出すためや、自ら答えをみつけてもらうために、質問スキルが求められます。コーチ側は、対象者の状況や心境に応じた適切な質問を投げかけることで、考えるきっかけを与え、自らで答えを見出せるようにサポートします。

承認スキル

承認とは、対象者の長所を見つけたり、客観的な事実で褒めたりすることで、存在を全面的に認めることです。
きちんと対象者に伝わるよう、言動で示すことが大切です。対象者は存在を認められたと思えると、気持ちが前向きになり、コーチ側との信頼関係も生まれます。

コーチングの学び方

コーチングの学び方として、一番身近なのは書籍から学ぶことです。

コーチングに関しての初心者向け書籍や、ビジネスパーソン向け書籍などを読むことで、自分のレベルや目的にあわせたコーチングに関する学びを得られます。
書籍であるため、いつでも、どこでも、何回でも読み返せます。費用が手ごろなのもメリットです。ただし、あくまでも「知識」の習得に活用しましょう。

最近ではYouTubeなどに、無料で視聴できるコーチングに関してのオンライン動画があります。
知識やマインド面を学べる動画や、実際のコーチングの様子を視聴できる動画も多数あります。
書籍に比べると、実映像のため、コーチングのより具体的なイメージをつかみやすいこともメリットの一つです。
コスト面の手軽さや、いつでも、どこでも、何度でもといったメリットは、書籍と同様です。

セミナーに参加したり、実際に自分でコーチングをうけてみる方法もあります。
やはり、一番実践的で、雰囲気もつかみやすいです。
様々なセミナーが有るため、自分にあったセミナーはなにかを見極める必要がある他、有料となることが多いため、学ぶための投資の意識が必要です。

コーチングスキルを活用した、活躍の場所

では、取得したコーチングのスキルを活用して、活躍の場を作っていきましょう!
先ずは、やはり企業の教育部や人事部に所属することで、スキルを存分に発揮することができるでしょう。
コーチングによる、長期的な人材育成は必ず会社を内側から強くする要因になれるはずです。

次に、フリーとして活動する方法です。
昨今ではココナラなど、自らのスキルを個人で販売するフォーマットが充実しています。
そのため、企業に属さなくても、自らのスキルを発揮する場面を自ら作ることができるのです。
この方法の場合、自らの市場価値を高めていく必要があり、宣伝能力なども求められます。



ココナラは、登録無料なのでどんな雰囲気なのか確認しててもいいですね。

まとめ

今回は、人材育成の手法として、注目する企業が増えているコーチングについてご紹介してきました。

コーチングという手法自体は非常に素晴らしいものです。
ですが、コーチングを行うことが目的化してしまい、限られた時間の中で課題解決をするという目的と、コーチングの手法がマッチしないなど、現場でうまくいっていない例も多々あります。
また、コーチの中で「教えてあげる」という意識が少しでも出てきたら、コーチングという手法は崩壊します。
相手の話に耳を傾け、状況をきちんと把握しながら、課題解決できるように努めることが大切かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました