インスタで最近良く見る「人生で大切な10の数字」を詳しく調べてみた。

Life

最近インスタで情報系の投稿をよく見ます。
本当にためになるし、なるほど!と思うものも多いです。
しかし、その多くは結論だけバンバン書き連ねて、なぜそうなのかを解説しているものは少ないです。
私の性格上、なぜそうなのかをどうしても知りたくなるので、今回はよくインスタで見かける「人生で大切な10の数字」系の投稿を深堀してみたいと思います。

1.第一印象は3秒で決まる

これは本当に重要ですよね。
私も、人事の頃にビジネスマナーを教えていた時代に、メラビアンの法則として、新人の方々に伝えていました。
コミュニケーションを取る際に「視覚情報」「聴覚情報」「言語情報」の3つの情報を元に相手を判断します。
その中でも視覚情報は実に55%を締めています。

第一印象と言っても、イケメンでも過度におしゃれである必要はありません。
清潔な身だしなみと笑顔、コレがあればもう100点!
まずは、身なりを整えて、笑顔で話すことを習慣化してみるといですね!

アルバート・メラビアン氏

2.記憶は24時間後に74%忘れる

1度覚えたものは1時間後に56%忘れ、1日後に74%忘れる。
そう提唱したのは、心理学者エビングハウス。
エビングハウスによると、
・20分後には42%忘れる
・1時間後には56%忘れる
・1日後には74%忘れる
・1週間後には77%忘れる
・一ヶ月後には79%忘れる
とのこと。

これをグラフにしたものを「エビングハウスの忘却曲線」と言います。
ところが、人は忘れるだけの生き物出はありません。
1日ごとに復習すれば記憶はみるみる上昇していき、何度も復習すれば記憶が定着することが実験でわかっています。実験では1日目は26%しか覚えていなかったものが、2日めには50%を超え、3日めには75%を超えることが確認されました。
学習には日々の復習が重要でありことがわかりますね!

3.6分の読書でストレスが68%軽減

欧米では「ビブリオセラピー」と呼び心理療法としての読書が広がっています。
また、イギリスでは2013年から、医師が薬ではなく本を処方する医療システムが政府公認で開始されました。
その様に、世界的に読書が精神的に良い効果ももたらすことは、広がってきています。
それも、ただなんとなく「読書っていいよね」と言っているだけではなく、イギリスのサセックス大学の研究によってその効果は証明されているのです。
その研究によれば、音楽鑑賞やコーヒータイムなどよりも、“6分間の読書” のほうがストレス解消効果が高かったのだそうです。本に没頭することで、良い意味でストレスや心配事から逃避できることが理由ではないかと、研究者は分析しています。

4.行動は21日で習慣化する5.思考は180日で習慣化する

人が習慣化したい行動を身につけるには平均66日かかるという研究結果があります。
・2009年にロンドン大学の健康心理学者が以下のような実験を行いました。

21歳〜45歳の学生96人を対象に、12周間毎日実行することを選択(飲食または活動行動)。
毎日実行したかどうかを記録する。
その結果、18日〜245日で自動的に行動できるようになったとのことです。

Wiley Online Library

このことから、平均して習慣化するまで66日必要と言われるようになりました。

ですが、どんなことでも66日かかるわけではありませんし、逆に66日で習慣化できるわけでもありません。
概ね下記の様に言われています。

学習・日記・読書・片付け・節約など、行動に関わる習慣化は一ヶ月で身につきます。
ダイエット・ランニング・筋トレ・早起き・禁煙など、生活習慣に関わる習慣化は三ヶ月で身につきます。
ポジティブ思考・論理的思考・完璧主義者からの脱却など、思考に関わる習慣化は六ヶ月かかります。

新しいことを始めたり、生活を変えたい方はこの期間を目安にまず頑張ってみてください!
気づいたら、当たり前にやれている様になっているかもしれませんよ!

参考:みんチャレブログ

6.週2回以上の筋トレで死亡率が23%減

「筋トレ」
それは、一部の人を熱狂的に、そして病的なまでに虜にしていまうもの。
男性には男らしい肉体を、女性には美しいスタイルを与えてくれ、ストレス解消効果まで有るとなれば、やらない理由は無いのでは無いでしょうか。
現代のスポーツ医学では、筋トレをすることによって不安が解消され、よく眠れるようになり、高血圧の改善にも寄与することが示唆されています。

2016年、ミシシッピ大学の研究員が、筋トレが病気による死亡率を減少させることを報告しました。
調査の結果、筋トレなどのトレーニングを継続的に行っている場合、していないものに比べて、「すべての病気の死亡率が23%減少する」ことを示したのです。

 また、この死亡率の減少は、1週間に2〜3回の頻度でトレーニングをしている場合に有効であり、それ以上(例えば週5回)の頻度では、死亡率の減少効果が低いことが明らかになりました。

 この結果から、筋トレは病気による死亡率を23%減らすとともに、週2〜3回の筋トレがもっとも効果的であることが示唆されたのです。
何事も適度がいいってことですね!

7.30秒のハグで33%のストレス解消

30秒のハグで一日の33%のストレスを解消できるというのも、まことしやかに言われています。
これが事実であれば、ハグをする習慣が少ない日本人にとって、とてももったいないことですね。

このストレス解消効果は「オキシトシン」と「βエンドルフィン」の効果によるものとのことです。

「オトシトシン」は幸福ホルモンと呼ばれ、血中を回ることで多幸感や安心感を得ることができます。
「βエンドルフィン」は体温を感じることで分泌され、ストレス緩和や鎮痛効果が有ると言われています。

タッチセラピーという言葉が有るように、触れるという行為は多幸感を感じたり、ストレスを緩和するホルモンを分泌する効果があります。
恋人と長い付き合いでマンネリになっても、たった30秒。
ハグでお互いの存在の大切さを、再確認してみてはいかがでしょう。

8.20分の仮眠で8時間分の疲労回復

アメリカの社会心理学書ジェームス・マースが提唱する「パワーナップ」という睡眠法が元になっているようです。
それは「昼食後、午後三時までの間に20分の仮眠を取ると、8時間寝たのと同じくらいの疲労回復高価があり、その後の作業効率が上がるというもの。
アメリカ海兵隊にも浸透しており、更にはオーストラリアのドライバーにも疲労による事故リスク軽減のため、パワーナップを推奨している会社があるそうです。

一番いいのは、昼休みの前半に昼食を済ませ、コーヒーを一杯のみ、後半の20分で仮眠を取るというものです。
コーヒーのカフェインの効果がちょうど目覚める頃に現れ、スッキリと目覚めることができます。
また大切なのは姿勢はつっぷして寝て、横にはならないこと。
20分の時間を守ることです。
横になってしまう、また20分を超えて寝てしまうと、深い眠りになり、目覚めることが難しくなってしまいます。

9.心配事の96%は起こらない

人は、日々生活をしていると「明日の仕事、やることたくさん有るんだよな」「今日の夕飯、何食べようかな」「あ、彼女にLINE返してないや」「やべ、報告忘れてた。明日怒られるなー」というように、目の前の事柄とは別のことを考える事は多いですよね。
この様に、今この瞬間ではなく、過去や未来に思いを巡らせてあれこれ考えることを「マインド・ワンダリング(心の瞑想)」と言います。
そして、人々は一日の時間のうち47%も、このマインド・ワンダリングに費やしているとのことです。
それだけ「いま以外」の事柄に支配されてしまうと、なにかしら心配事があったときに、そこに囚われてしまうことも仕方ないのかもしれません。

しかし、その心配事は取り越し苦労なことが多いようです。
アメリカでは37%の人が、毎日のように不安を感じており、これらの心配性の人に対し、何が心配なのか、この先何が起こるのかについて、二週間記録してもらう。
すると、心配ごとの85%において、実際には「よいこと」が起こった。さらには、悪いことが生じた残りの15%の場合でも、そのうち79%は、予想よりもよい結果につながった。
計算すると、なんと97%もの心配ごとが、とり越し苦労だったことになる。

このことから、心配事の96%は起こること無く、思っていることよりも良いことが起こる可能性すら有るのです。
あ、仕事の報告は忘れずに!

10.集中力の限界は90分

どんなに意思の強い人でも、連続して集中し続けていられるのは90分が限界。
コレは生物学的にも医学的にも認められている事実です。
脳がそういう仕組になっているんですね。
どんなに熱中して仕事に向き合っている様に見えても、集中力は所々で途切れてしまいます。
その切れ目が90分周期で訪れるのです。

集中力をうまくコントロールするには「休憩」を上手に取り入れることです。
90分集中力が持つと言いましたが、それは限界まで頑張った場合の話。
実際には、15分程度のサイクルで細かい集中力の切れ目が発生しています。
そこで伸びをしたり首をまわしたりして、軽い休憩をはさみます。
15分程度に一回の、軽いリフレッシュは集中力継続に大きく貢献します。
そして、90分頑張ったあとで、10分程度の休憩をはさみます。

これを繰り返すことで、最高のパフォーマンスが維持されるのです。

まとめ

さて、最近インスタなどでよく見る「知らないと損する数字」について、深彫してみました。
様々な研究結果だったり、調査に基づいたもので、実は結構信憑性の有るものだと知りました。
ぜひ、この数字たちを忘れずに、今日を昨日より少しだけ輝く一日にしていきましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました